一戸建ての間取りは必要なものだけを

新築を建てるときに、よく世間の目を気にして見栄を張って必要以上に大きな家を建てたりする人もいるようです。私も30年ほど前に一戸建てを購入し、昨年やっと住宅ローンを関西したところです。1年前に息子が家を建てるということになり相談を受けたので、私なりの経験した感想を伝えました。その時に伝えたことは「必要以上に大きな家を建ててしまうと後が大変だ」ということでした。一戸建てというのは意外と管理していくのが大変です。年月が経って来れば来るほど維持管理が大変になります。家が大きいと日々の掃除するスペースも広くなりまし、年月が経ってくると故障する箇所も増えてきます。修理をするとなると足場を組まないといけなくなったりする場合もあります。基本的に敷地が広い方が固定資産税も高くなるので、その辺の出費も毎年負担となります。一戸建てを購入する上で大事なことは、家族が住む上で無駄な部屋を作ることなく最低限の大きさで建てるのがいいのではないかというのが経験上の感想です。子供達は20歳を超えると独立して家を出ていくケースが多いので、後々空き部屋も増えてくることを考えて間取りを作った方がいいでしょう。