若い時こそ、こだわりの一戸建て住宅に固執したくなるかも知れませんが、後々のことを考えますと、無難な造りの住宅の方が良かったりもするのですよ。とくに間取りに関して言えば、あまりに個性的な間取りですと、何らかの事情でマイホームを「売却しましょう」となった時に、なかなか買い手がみつからないということはありますからね。

こだわりの個性的な一戸建て住宅を建てた本人たちからすれば、「なんで!ここまでお金をかけてよく考えて作ったのに、ちっとも買い手がつかないの!」と、訴えたくもなるでしょうけれど、しかし現実はこうなのです。個性的なこだわり住宅よりも、無難な間取りで価格帯の住宅の方が買い手がつきやすいというものなんです。

それに無難な一戸建て住宅の方が、リフォームだって行いやすいですからね。リノベーションだって行いやすいというものです。そしてだからこそ、何があるのかわからない後々の人生のことも考えて、あまりに個性的な住宅にするのはやめておくというのもひとつの工夫だと思いますので。